ロゴ
HOME>特集>逓増定期保険について知っておこう!節税も可能

逓増定期保険について知っておこう!節税も可能

相談

逓増定期保険とは

法人用の保険として開発された逓増定期保険は、節税として有効利用できます。保険の内容は、契約時より5倍までの保険金を受け取ることができ、法人経営には利用しやすい商品になっています。経営者が契約者になりますが、経営者が突然死亡するなどしたら、経営悪化は避けられません。さらに次の代表者に委ねようとするとき、退職することが必要にもなり、前々から熟慮が必要となります。生命保険は人的に生命をおカネに変える商品ですから、資産運用ができるとともに会社経営の資産です。節税対策は、法人の場合には、いかにして損金に計上できるかが決め手になってきますから、逓増定期保険の中味をよく熟知して経理処理を行います。法人用の保険ですから、当然として節税できる商品内容になっています。

電卓

逓増定期保険の節税方法

節税方法は会計処理として、保険料は経費ですから会社の経費で落とせます。しかも満期返戻金などは退職金に振り替えることもでき、会社の損金に計上することができます。保険金額は契約時より5倍まで増やすことができるメリットがあり、会社の資産とともに長期契約ができます。会計上では保険料は損金計上とすることは前述の通りですが、経営者が死亡した保険金は融資ではない資金調達にもなります。経営者が存命中、退職したら退職金に計上し損金に落とし節税対策に利用します。退職金の積立金額は、中小企業などは資金を積み立てられないか、積み立てるつもりがないかは別として資産計上してない場合が多いです。逓増定期保険は満期返戻金や解約金(解約時期のタイミングはよく注視)は、退職金に振り替えることで財務状況を組み立て直すことができ、同時に節税できるメリットがあります。